« 群馬総社の引込線 | トップページ | 毎日遊んで、どぉ~も、すみません。 »

2009年1月12日 (月)

前橋市総社町

P1116669_yamaguchitokei 午後になって「何処へ行こう」と思った時に、群馬総社駅の方が頭に浮かんだ。あまり道路も拡幅されず、両脇には古い家が残る地域だ。

群馬総社駅から歩いて行くと「総社町」の交差点には、駅への入口らしい立派な時計店が。

P1116675_jinjya 線路と駅への道に挟まれたところには神社があり、良い風情である。

総社には大渡の自動車教習所があり、私はそこへ通った。20代の頃は、駅の近くに友人がいた。

P1116773_kyuke 小さい頃は、伊香保温泉などに行くときに良く通った道でもある。あれから随分と経ち、変わっているといえば、変わってはいるのだが、まだまだ古い家が残り、昔の風情が残っている。

P1116828_roji それにしても、立派な総二階の家が目立つ。引込線跡を辿ってから、裏道で駅方向へ戻る。路地を抜けると通り沿いに蔵がある立派な旧家が目に入ってきた。

「酒造だろうか。」

P1116834_bighouse その家の脇の路地に、また入って行く。それにしても立派だ。大きな家が二つあり、そこが渋い渡り廊下で結ばれている。

P1116861_back 路地を抜けると、小さな畑があり、その先は開け、裾野の広い赤城山の姿が。その小さな畑で作業しているじいさんに声を掛けたが、黙々と作業をしている。どうも耳が遠いらしい。

P1116869_kaikofarm すると後ろから、おばあさんの会話する声が聞こえてきたので、そこへ行ってみる。

「ここの家は、酒蔵か何かだったのですか?」というと、

「カイコ(蚕)だよ。」と返ってきた。

P1116876_farmer 背中の曲がったおばあさんは、生まれも地元らしく、色々と話をしてくれた。但し、私ともう一人のおばあさんの話は、良く聞いていない感じだったが。

昔は養蚕が盛んで、この辺りは皆、養蚕農家だったこと。忙しいときは、蚕だらけで、寝るところも無いくらいだったこと。蔵があるが、家には蚕が居るので、着る物や、箪笥なども蔵に入れたこと。

利根川に近く、掘っていると川砂利が出てきたこと。そうそう、駅が出来たときは、家の裏に線路を敷いて、利根川の方からトロッコで砂利を運んだことも話し始めてくれた。

赤城山を望む寒風が吹く中、二人のおばあちゃんの話は尽きなかった。

「おばあちゃん、もう寒いから行こうよ。」

「家ん中より、ここのが温かいよ。炬燵にもぐるだけだから。年寄りしか居ないから、危ないからストーブはつけないんだよ。」

「そうかい。おばあさん、いっぱい着ているから、ストーブに気を付けないとね。」

畑の中を歩いて、駅に向かい始めると、ゲートボール場の中に、「どんどん焼」が造られていた。私は、小走りにそこへ行き、少し色付いた空と、養蚕農家をバックに写真を撮り、やっと帰路に着いたのだった。

|

« 群馬総社の引込線 | トップページ | 毎日遊んで、どぉ~も、すみません。 »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/27040106

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋市総社町:

« 群馬総社の引込線 | トップページ | 毎日遊んで、どぉ~も、すみません。 »