« 夫婦で、ゑびす納め | トップページ | 湘南色の115系 »

2008年12月30日 (火)

中央銀座の「田じま食堂」

Pc302665_tajimasyokudo ちょうど20年前、ちょいと高崎で仕事をしていた頃があった。昼食は良く柳川町の方の「中央銀座」に出掛けた。高崎の町をぶらついて、昼食をと思いこのアーケードへ。

Pc302671_hiyayakko 前橋の街同様に、このアーケードも活気はない。「もしかすると食堂がみつからないかもしれない」と思っていた頃、「定食」の、のぼりが目に入った。すると面白いもので、その先には「ランチ」の看板が出ている。そちらの様子も見ようと向かってみると、あらら看板を仕舞い始めてしまった。

Pc302675_menu 店内では、三組がお酒を飲んだりビールを飲んだりして、つまみを食べていた。そこで、私も野菜炒め350円と冷奴100円(!!)、そしてビールを注文する。

いゃ驚いた。冷奴は豆腐が一丁出てきた。いや~、食べきりますかね。それにしても、昼間からオヤジ連中が飲んでいると思ったら、安いのね。

Pc302677_umewari 壁には沢山のメニューが貼られ、目に留まったのが「昔ながらの梅割り焼酎 一杯300円」。いやいや、歩き疲れていたお陰で、ビールだけでは寂しいと思っていた私は、ついつい「これって、あの赤色のをいれるやつでしょ。一杯下さい」と。

Pc302679_tv 20年前は洒落た喫茶店などに若いOLが出入りして、夜も何度か派手なお姉さんのいるお店に来たこともあるのだが。今は、アーケード街も、店内も年配ばかりである。ちょっと寂しいが、前橋の街もそんなものである。

でも、そんなオヤジたちの会話が、ほのぼのとしていて心地よい。まあ、私も他のお客さん同様のオヤジですからね。

Pc302687_oldeisphoto 店の人も一段落して、三人揃って一服しながらテレビを眺めている。そんな様子を見て、目に留まったのが、この写真。昭和33年頃の開店三周年の時のものだとか。お祝いで、チンドン屋も呼んだのだそうだ。

Pc302691_chuoginza 最後にブログに載せてよいか確認をしてご馳走様。いやいや、本日も楽しい昼食でした。

そうそう、高崎に来て、このアーケードが気になっていたのは、20年前のことだけではない。40年以上前。私が小さい頃のことだ。祖母の親戚が北高崎駅の近くに居り、何度か高崎駅から、このアーケードを抜けていったのだった。

その頃は、沢山の人が歩いていて、祖母に引っ張られるように歩いたのだが、二件ほどおもちゃ屋があり、ある日その二件目の店頭にミニカーが飾られていたのだった。当時の前橋でも、なかなかお目にかかれないロンスターのミニカーだったと思う。

今度来たときは、忘れずにここでミニカーを見よう、買ってもらおうと思っていたのだが、今になってしまった。どこにあったのか、そしておもちゃ屋もなくなったようだ。もし、あったとしても、当時のミニカーは置いてないと思うが。

|

« 夫婦で、ゑびす納め | トップページ | 湘南色の115系 »

大衆食堂」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/26643817

この記事へのトラックバック一覧です: 中央銀座の「田じま食堂」:

« 夫婦で、ゑびす納め | トップページ | 湘南色の115系 »