« ナローゲージ | トップページ | 秋保のヤマザキ・バン »

2008年12月26日 (金)

私は線路が好きなのかも…。

2004080813_29_tudo さて今年の仕事も終わり、しばらくはお遊びモード。今宵は早く帰ったので、ここ三年ぐらいの線路の写真を集めてみた。

昔の油力発電所というものがあった建物。油力発電とはディーゼルエンジンで発電機を回すもの。コンクリート製で戦時中の迷彩塗装も残る建物。随分前から知っていたが、ある日、たまたま出入口が開いていた。

覗いてみてビックリした。発電機やディーゼルエンジンは既になくなっているものの、コンクリートの床に埋められ線路が。向こうから入ってきて、中で直角にカーブしている。別にポイントなどがあるわけではないが、実際の鉄道というものは、そんなものかも知れない。

2006010203_22u_shoda ある正月、知人から「まだ線路が残っているよ」と電話が来た。

そう聞いたら、じっとしてはいられない。すぐに翌日行ってみると、工場の駐車場に、ずっと線路が残っていた。一部取り外しやすいところは撤去したようだが、東武の駅に向かって延びている。

どうも、普段は車が駐車されていて見えないようだ。それがたまたま正月休で車がいなくなり露になっていたのだった。

200602010202_19_katsushi 「東京の鋼材屋に、まだ線路が残っているらしいよ」またまた、素晴らしい情報が。ちょうど仕事で行く用があり、そのついでに寄せてもらった。

話によれば、昔は所狭しと線路が敷かれていたらしい。しかし、町工場も時代の流れとともに、千葉に移り、ここは倉庫になってしまった。

それでも、倉庫内と、倉庫から外へ、2ヶ所に直線の線路が残り、現役で使われていた。

200602010202_31u_akagi 「裾野は長し、赤城山」上毛カルタの文句である。その裾野の、赤城山が見渡せる田んぼの中に一直線に伸びる線路があった。今はトロッコよりも一輪車の方が便利らしいが、手作りの線路の上に、手作りのトロッコが載っていた。

20060211_12_senko ここも以前から知っていたけれど、まさか線路が残っているとは思わなかった。トロッコ仲間と進入したところ、一部分、コンクリートに埋められた部分だけが残されていた。

果たして、この線路は、どこへ続いていたのだろうか。

P1040133_kuzu 線路だが、空地に積まれたレールである。細い15kgレールだろう。その近くには使用済みのブレーキシューがいくつも積み上げられ、トロッコから外したと思われる車輪もいくつか、モーターなどとともに倉庫のような所に並べられていた。

廃止になって撤去した…というよりも、磨り減ったレールやブレーキを交換したという感じだ。

この山のどこか、そう遠くないところに、今もトロッコの線路があるのだろう。それも現役で。

ところで、今年は何ヶ所かで、このような線路を見つけることが出来た。きっと私は線路が好きなんだと、最近ようやく自覚するようになった。

さて、今年の締めくくりは、最近発見した「線路らしいもの」。明日は、そこへ寄って、本当に線路なのか確認して、今年を締めくくりたいと考えている。

|

« ナローゲージ | トップページ | 秋保のヤマザキ・バン »

トロッコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/26527303

この記事へのトラックバック一覧です: 私は線路が好きなのかも…。:

« ナローゲージ | トップページ | 秋保のヤマザキ・バン »