« 昨日に続いて鉄道の話だけれど… | トップページ | 新幹線0系 »

2008年11月29日 (土)

レストラン紫苑

Pb288310_shien 毎日の様に近所を歩いているのに、1年ぐらい気が付かなかった。いや、一度「ランチ」の看板が目に入ったが、店が目に入らなかった。

Pb288302_tennai しばらくして、その看板が気になって、店を探してみれば、看板の目の前であった。

上を見ればレストランとは気が付くが、営業をしているような気配のない店だったから。

Pb288303_lunchmenu 「ランチタイムメニュー」はあるが、基本的には全員「ランチ」か「カレー」。他のものは注文をしてはいけない暗黙のルール。

昔懐かしい風情と味わいの洋食屋さん。しかし、それだけではない。時にバイトもいるが、フロアーを一人で切り盛りしている凄い女性がいるのだ。

だから、みんな「ランチですか」と聞かれると「はい」と答えてしまう。

前掛けのポケットには大量の割り箸が刺さり、手際よく人数分置くと、すぐさまお冷と味噌汁、ライスにおかずが、どんどん並んでしまう。

とにかく、座ってしまえば料理は早くて美味しい。そして混んでいても回転が速い。

「三名様ですか、2分お待ち下さい」と彼女が言えば、間もなくすーっと食べ終わった客が店をでる。まあ、「待っている人がいるから、食べ終わったら、さっさと帰って」と言っているようで、お客さんも、そんな時は長居はしない。

Pb288305_pay それでも、みんなまたやって来る。それは、早く美味しいものが食べられるだけではないと思う。

フロアーを切り盛りしている女性がとてもよいから。凄いから、だろう。

昼も、夜も混んでいて、詰めさせられたり、夜は断られたり、でも、いいんだな。この店が。

昭和の味わいと、てきぱきとした彼女と。是非、みなさん一度行ってみて下さい。

と、彼女にブログに載せても良いかと言ったら「是非載せてください」とのことでしたので、早めにアップいたしました。

|

« 昨日に続いて鉄道の話だけれど… | トップページ | 新幹線0系 »

大衆食堂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/25756002

この記事へのトラックバック一覧です: レストラン紫苑:

« 昨日に続いて鉄道の話だけれど… | トップページ | 新幹線0系 »