« 押上です。 | トップページ | 浅草をモノクロにしてみた »

2008年10月27日 (月)

東武電車を眺めながら。

Pa230234_matsuya 押上の客先。先週一度、朝から行った。1時間みれば歩けるだろうと西浅草のマンションをでる。

Pa230237_ マンションを出て、すぐに曲がれば、国際通りを横切って、新仲見世へと続く。そのまま歩いても良いが、あえて一本南の道を行く。

仲見世を横切れば、修学旅行生や外国人観光客で朝から賑わっていて、時間を気にせずに浅草駅へ出る事が出来る。

Pa230259_ 隅田川を渡りはじめたら、浅草駅からスペーシアがやって来た。ゆっくりゆっくり橋を渡る。もう、じれったいぐらいではあるが、これが東武鉄道のひとつのパフォーマンス、観光名所を作っていると言ってもいい。

Pa230294_ 浅草は終点で、他の鉄道への乗り入れも出来ない盲腸線。本数が少ないと思うのだが、流石に朝は、沢山やってくる。

工事現場の隙間から、野岩線の列車が垣間見られたと思ったら、今度は「りょうもう号」がやって来た。

Pa230303_ スペーシア、りょうもう号、野岩線、通勤電車と、列車もバラエティーに富んでいるのが、これまたいい。

音が聞こえて「今度は何かな」と思いながら見ていれば、時間も気にならない。

Pa230310_ いつの間にか、業平橋に着いている。ここからは線路沿いに押上まで歩く。留置線の電車が出ていったりも楽しめる。

Pa230317_ 留置線の電車の向こうを様々な電車が走りぬける。その向こうでは、新東京タワー「スカイ・ツリー」の建設が進んでいる。

まだ、何をやっているのか、どんな物が出来るのか、全く分からないが、ここに600mもの塔が建つというだから、さぞかし地下も掘っているに違いない。

Pa230369_ 押上の駅の先の踏切までやってくる。業平橋は、商店街らしいところはないが、押上には古い商店街や、古い商店、町工場、ビルが点在する。

なかなか昭和の風情のある良いところだ。「酎ハイ150円」の居酒屋だってあるし、ドリンク付きで700円のランチもある。

たまたま、仕事で行くことになっが、折角なのであと数日は、こんな通勤を楽しませてもらおう。

|

« 押上です。 | トップページ | 浅草をモノクロにしてみた »

業平橋」カテゴリの記事

西浅草」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/24793052

この記事へのトラックバック一覧です: 東武電車を眺めながら。:

« 押上です。 | トップページ | 浅草をモノクロにしてみた »