« 100 Karmann-Ghias Foto | トップページ | Kids eye view.子供の撮ったおまつり »

2008年10月11日 (土)

1980's Ghias !!

85_2nd_008_kartland メインで写っているのは、カリフォルニア・ロードスターなどといわれた、ルーフをチョップして、キットを組付けたビートルだが、その脇に1966 KARMANN-Ghiaが。

1985年秋の「2nd KdF GYMKHANA」で展示されたワーゲンたちである。オリジナルコンディションのカルマンは、1966年ということで、内装だけではなく、ステアリングホイールもブラウンにコーディネートされていた。

19850910_30_fiji69and その年の10月らしい。フジスピードウェイで、確かスキャットが主催したジムカーナの写真。この頃は、フラット4とスキャットが、交互に年に数回、フジでドラッグやジムカーナを開催していた。もちろんワーゲンの。

19850910_29_fijiturbo 長男のター坊は1歳と8ヶ月。サーキットのパドックの中を、お気に入りのワーゲンを求めて闊歩していた。小さなワーゲン・マニアに脇を歩くお姉さんも驚いている。

ちなみに、「スキャット」といっても、その後の正規販売の「スキャット・ジャパン」ではなく、「スキャット・エンタープライズ」という名で、アメリカのスキャットとは正規の繋がりはなかったのだと思う。その後に「タッド・フォー・ユー」と名前を変えた。

860608_23_familyday これまた貴重な、1986年のフラット4のVWファミリーデー。「ラスト・ファミリー・デー」と呼ばれ、とてつもない台数のワーゲンが集まった。ドラッグ・レースに参加したVWsの中にカルマンの姿もある。

860608_26_redghia 駐車場に並んだワーゲンたち。どれも美しいが、レーシーなホイールを履いた赤いカルマンは艶やかに輝いていた。

860608_30_jimandreyrubber 「ラスト」ということでだろうか、アメリカから、ジム・ラーセンとマイク・スミスが、自分のドラッグ・レーサーと共にやって来た。ジムは、奥さんのキャンディ・ラーセンのカルマン・ギアを日本に持ち込んだ。(と記憶するが…。違ってたらゴメン。)

対戦するのは、群馬のVW Shop "Rey Rubber Japan"のドラッグ・レーサー。通称「レール」と呼ばれるもの。このレールは、以前はスキャットが所有していたもの。

860608_32_bajavsghia こちらは、カルマン・ギアとバハ・バグの対戦。古き良き'80年代のワン・シーンだ。

8608_13o_yellowghiaracer 実質ラストとなったVWファミリー・デーは、カー・ショーやドラッグだけではなく、サーキット・ランも行われた。

フジスピードウェイのストレートを走り抜ける集団を先導するのはイエローのカルマン。続くのは914と'69のビートル。この2台と、あともう1台のグレーのビートルが、"Hot Bug"のロゴを貼って、群馬のワーゲン・イベントの宣伝をした。

今から20年以上も前のことになる。懐かしいという感じもするが、今でもワーゲンは、あまり変わらず、皆に親しまれ、皆で楽しんでいる。

世代を超越したクルマ。ワーゲンってそんな感じだね。

|

« 100 Karmann-Ghias Foto | トップページ | Kids eye view.子供の撮ったおまつり »

ワーゲン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/24419927

この記事へのトラックバック一覧です: 1980's Ghias !!:

« 100 Karmann-Ghias Foto | トップページ | Kids eye view.子供の撮ったおまつり »