« 旧国鉄熱塩駅から帰り | トップページ | 三田でイキイキ!! »

2008年5月26日 (月)

ワーゲンで軽井沢に

P5250007_ 5/25日曜日。ワーゲンで集まって軽井沢へ。

朝、家を出る頃には小雨になっていましたが。

P5250013_ 集合場所に着くと、結構な雨。

それでも、30台以上のワーゲンたちが集まっていたのにはビックリ。

P5250062_17 みんなで、前橋から軽井沢まで走るというだけのイベント。

みんなの走行写真を撮るために、次男のビートルは先回。

P5250068_ 先頭の私のビートルの後ろは、こんな感じ。約40台のワーゲンが連なる。

この頃には雨も上がって、山も見えて「キャラバンは晴れる」という言葉通り・・・とはいかないものの、まずまずの天気に。

P5250232_ 横川での休憩の光景。

ワーゲンに囲まれて走って、ワーゲンに囲まれて休んで。もう、それだけで充分満足。幸せ。

P5250014__2 自分でデザインしたイラストのTシャツを着る私。一昨年にビートルの絵を描いてから、ずっと悩んで、出来上がった絵。

この日は、みんなも着てくれて、それも幸せ。

P5250261_vws 碓氷峠旧道の入口、坂本宿で待機するワーゲンたち。

この宿場も良いところ。そこを古いワーゲンで走り抜けるのが良いのである。

P5250016_03 古い道と、古いワーゲンが似合っている。

P5250513_ 今年で23回目となる「キャルイザワ・キャラバン」。スケートセンターで昼食は、20年前から変わらない。随分と通ったものである。

P5250605_ お昼を食べて、みんなで駄弁って、最終目的地「鬼押出し」に向けて出発するワーゲンたち。

前橋から鬼押出しまで、約70Km。それを休み休み、6時間ぐらい掛けてただ走るだけ。

P5250691_ 最後の直線を行く、我が家のビートルを先頭とする、ワーゲンのキャラバン隊。

私が写真を撮っているので、運転しているのは、かみさん。彼女も、私と結婚したためにビートルに乗ることとなってしまったのだが、ワーゲン歴は20年以上になるベテラン。

P5250748_03 鬼押出しの火山博物館に到着した次男のビートル。彼は途中で、みんなの写真を撮りなが走ってきた。まだ20歳だが、高校ぐらいから、誰かのワーゲンに乗せてもらい写真を撮っている。こちらも、ベテラン!?

P5250149_  解散のシーンを撮影して下ってきた次男。お疲れ様でした。

この後は、2台で帰宅ツーリング。途中で先に行ったワーゲン数台と出会う。これがまた楽しい。スタンドに寄っていたり、コンビニに寄っていたり。碓氷峠の旧道で観光をしていたり。

そこで、お互いにクラクションを鳴らしたりして、挨拶をして走っていく。

本日の余韻を楽しむのだ。

帰りは夫婦で会話を楽しみながら帰れるのも魅力だ。

「ワーゲンって乗るだけで、楽しくて、幸せになって、ストレス解消になるんだよね」

「親友や、母親、奥さんみたいな存在なんだよね。」

とても良い車とめぐり会えたと実感できる一日なのでした。

クラブのページのレポートはこちら。

http://vwkdf.web.infoseek.co.jp/D20/page11.html

|

« 旧国鉄熱塩駅から帰り | トップページ | 三田でイキイキ!! »

ワーゲン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/21174024

この記事へのトラックバック一覧です: ワーゲンで軽井沢に:

« 旧国鉄熱塩駅から帰り | トップページ | 三田でイキイキ!! »