« 機関車の修復活動の始まり | トップページ | 会津坂下で一時間半 »

2008年5月21日 (水)

会津下郷から会津坂下へ

P5110078_ 5/11の会津行きの続き。

下郷で国道に戻ると、古い商店が並んでおり、ビートルを止めて記念写真。

そして次は、会津田島を目指して走り出す。

P5110090_ 午後には雨はやむだろうと思いつつ、コンビニで傘を買うのを忘れてしまう。

会津田島でも、雨はやまず。とりあえず、ここは帰りに寄ろうと、高田を目指す。

高田の酒造は、工業団地の近代的な工場だった。

そこで、会津田島駅へ寄る。昔の貨物ホームは、今でも線路が残っていて、良い感じ。写真を撮っていると、乗客が集まってきて、間もなく列車が来ることを知る。

P5110098_ 只見線のディーゼルカーは、向こうの方から、二両編成でやってきた。ここは、ずっと向こうまで列車が見渡せる。はじめはなかなかやって来ないと思っていた列車も、近づくと、ザーっと走りすぎ、駅に着いた。

P5110114_ 駅前には、ちょっとだけ懐かしい景色が残っていた。旅館「観山荘」は、とてもしっかりした造りの木造。今はやっていないのだと思うが。

P5110132_会津高田を出ると、次はメインの会津坂下だ。その途中の道は整備されてしまったが、「はっ」と思って、すぐに旧道に入って戻る。立派な蔵のある酒屋だった。

以前、道が整備される前は、車で走っていると、このような集落や、建物に良く遭遇したものだが、今は難しい。

P5110158_  会津坂下に着くと、街道のすぐ裏の路地に、醸造所が広がっているのが見えた。

但し、車を置くところがない。路地を走っていくと、子供を遊ばせるお父さんが。

駐車場を聞けば、「小学校の裏のSLのところが駐車場」と教えてくれた。行って見れば、C58が囲いの中に納まっていた。

そこにビートルを置いて歩きだす。路地を抜ければ、いきなりこの商店が。なかなか期待できる。

しかし、時間は余りない・・・と思いつつ、実はこの町を1時間半も歩いてしまった。

その一時間半の写真は、また後日ということで・・・昨晩、飲み過ぎたので、本日はこの辺りでご勘弁を。

|

« 機関車の修復活動の始まり | トップページ | 会津坂下で一時間半 »

ワーゲン」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

醤油・味噌醸造」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/21079172

この記事へのトラックバック一覧です: 会津下郷から会津坂下へ:

« 機関車の修復活動の始まり | トップページ | 会津坂下で一時間半 »