« 前橋のいんごう家 | トップページ | 思い出に残る引越し・・・ »

2008年4月24日 (木)

本郷、湯島から上野へ

P4230144_ 本郷三丁目のお客さんのところに、最近よく行っている。本日は、上野から歩いて、帰りも上野まで歩いた。

P4230166_ この辺りは、古い家が点々とあるのに気が付いて、天気も良いこともあり、デジカメを持っていった。

帰りは、不動産屋に寄る都合があって、上野まで歩く。

P4230232_ 湯島から下って、御徒町の駅に近付くと、煙突がある。先日、この煙突を見て気になっていたのだが、やはり銭湯だった。

P4230224_ 表にまわると「燕湯」とある。きっと有名な銭湯なんだと思うが、なかなか素晴らしい佇まいである。時間があれば、お湯に浸かって、中を探検して写真を撮りたいほどだ。

P4230237_ さて、不動産屋に寄って、本日の目的地のビルに。昭和通りの向こう側というのは、多慶屋ぐらいしか行ったことがないが、やはり店は少なく、上野寄りではこのビルぐらいなものか。

P4230239_ 食券の販売機があって、どう見ても立ち食いのうどん屋なのであるが、一昨日寄ろうと思うと、目の前の人は、食券を買わずに店に入って行く。覗くと、カウンターの隅で一人飲んでいる。

「居酒屋か!?」

「食券を買わなくても良いのですか?」

「あぁ、どうぞ」

とカウンターに座り、ビールと焼き鳥を頼んだ。カウンターに5、6人も座れば、満員のお店だから、初めてなのに話が弾んでしまった。

そんなわけで今宵も楽しみにしていた。やはり、まだ2回目なのに、常連さんが盛り上げてくれた。

競艇の話で盛り上がっていると、一人の女性が入ってきた。ちょっときつそうだが、小柄でかわいい感じ。彼女は、私の左隣、カウンターの真ん中に座った。

彼女の向こう側では、野郎二人の競艇話は一段と盛り上がっているのだが、私はその会話から取り残されてしまった。このビールを飲み終わったら帰ろうと思っていたのだが、なんとなく、隣の女性と話をしてみると、どうなったのか、バンドの話で盛り上がってしまっていた。

30代後半かと思っていたが、「同い年でしょ。わかるよ」などと言われてしまった。そんなわけで、話が盛り上がらないはずもなく、もう一本ビールを頼んでしまったのは、仕方のないことである。

常連さんたちは、みんないい人で親しみやすいし、今宵はカワイイ女性ともお話ができて、いやいや、楽しいお店だった。きっと帰りの電車の中の私は、だらしない顔をしていたのだろうな。

|

« 前橋のいんごう家 | トップページ | 思い出に残る引越し・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

銭湯」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/20514480

この記事へのトラックバック一覧です: 本郷、湯島から上野へ:

« 前橋のいんごう家 | トップページ | 思い出に残る引越し・・・ »