« 足尾の山小屋 | トップページ | 玉村の酒造を尋ねる »

2008年2月 8日 (金)

足尾の赤倉と深沢

20070217_m01_11o_ 昨年の今頃、どうしていたかと写真を見てみると、夫婦で足尾に行っていた。

かみさんもパートに出ていて、なかなか休みが合わないが、それだけに休みが重なれば二人で出かけるケースも増えた。

20070212_r01_14_  私がはじめて足尾を訪れたのは昭和50年。閉山から2年ほど経っていた。

トロッコの残骸を探しに行ったのだが、足尾の町に懐かしさを感じ、度々訪れる事となった。

平屋の木造家屋が連なる様が、自分の子供の頃の景色とダブったからだ。

お昼を食べに足尾に行き、その後、赤倉まで行き、深沢の住宅に寄った。

赤倉は精錬所の入口で広場があり、商店の並ぶ路地と、住宅があった。

崩れかけた住宅の中に、立派な門構えの家が、綺麗に残っている。役宅であろう。造りの違う役宅は、主がいなくなった今でも崩れることなく残っている。

良く「赤倉の広場」と云うが、私のイメージでは、ロータリーだ。駅前のロータリーのような華やかさが感じられる。

ここから本山坑と精錬所へ行く坑内軌道があり、足尾に向ってガソリンカーの軌道が延びていた。

20070217_m01_12_

そこから少し南へ戻ると「南橋」という交差点があるが、昔はここから橋が掛かっていたらしい。その辺りから橋の反対、西へ登ると深沢の住宅がある。

昔は、ここから中禅寺湖に出て、日光へ至るルートがメインだったらしい。だから、深沢から出たところは立派な旅館などがあり賑やかだったらしい。

昨年はそんな事をして過ごしたが、今年の連休はどうしようか。足尾へは一度は行きたいし、造り酒屋も行きたいし。そうそうワーゲン仲間の新年会があるから、そこへ持っていく日本酒を買わなくてはいけないな。

|

« 足尾の山小屋 | トップページ | 玉村の酒造を尋ねる »

足尾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/10322810

この記事へのトラックバック一覧です: 足尾の赤倉と深沢:

« 足尾の山小屋 | トップページ | 玉村の酒造を尋ねる »