« 今宵は「やまや」で | トップページ | 昨年春の京阪電車 »

2008年2月 2日 (土)

風呂川の向こうの方を

P2020022_明日は、天気が悪いらしい。もしかすると雪かもしれない。

そうであれば、今日はぶらりとしてこないと気が済まない。

そんなわけで、最近ネットで見た風呂川方向に。

P2020036_ 「風呂川」というキーワードが出たのも、川沿いに古い瓦屋があるのに気付いたから。

城の堀に水を引くための川だったらしいが、目立たぬように風呂川となったらしい。

私にとっては、美味しい通学路だった。中学に行く途中、風呂川沿いの小道を歩くと、ビワやザクロ、ユスラゴといった果実が四季折々に実っていたからだ。

子供の私でもすぐに川の名を覚えたのは、川から良く湯気が上がっていたからだ。なぜかといえば、川沿いにクリーニング屋があったからだが、小さい私はお風呂の様にお湯が流れていると思っていたようだ。

P2020076_ 風呂川の小道も綺麗になってしまっていた。

次に向かったのは、神社のようなものだった。

県道から家々の向こうに木立が見えたとき、かみさんが「あそこに何かあったよ。神社のような広場が」と言ったことで思いだした。

中学の頃、同級生と行った覚えがある。何だか古い広場だった。

前女の裏を歩いていくと、懐かしいものを見つけた。塀際の花壇に埋まったタイヤである。確か、私が子供の頃から、ここに埋まっている。ずっと埋まっている。

P2020101_ 神社の木立が見えてくると、木造の立派なお宅が目に入ってきた。

最近まで住んでいたのだろうが、今は人気がない。この辺りは、線路の方まで、低い木造の家が並んでいたところだが、今は空き地が目立つ。友達の家などは、細い路地の行き止まりが玄関で「車が入れないが、どうするのだろう」というのが私の印象だった。

P2020117_ 神社だか、何だか、全く記憶になかったが、「厳島神社」と書いてあり、敷地内には紅雲町二丁目の公民館が建っていた。

境内には、お祭りで使う山車小屋があり、その前にベンチが置かれて、長閑な雰囲気を醸し出していた。

古い家々が残っていたのも、年寄りが多かったからだろうが、今は随分と減り、空き地が増えている。きっとこのベンチに座るお年よりも減っているのだろう。

P2020144_ 神社のすぐ西には、立派な古い門柱の残る広い空き地があった。

繭の取引所のようなものがあったような気がするが、果たしてここだったのだろうか。いったい何があったのだろうか。

その空き地の向こう側では、細い銭湯の煙突が、ほのかにこげ茶色の煙を上げていた。

P2020158_ もう少し歩くと利根川である。利根川の方へ細い路地に入り込む。

その奥の方に、アパートが残っていた。まだ綺麗に見えたが、門は閉ざされ、その手前は更地になっていた。

国道17号の一本裏道で家に戻る。気が付けば、国道は一部拡幅され、国道に面した古い家々は、殆ど取り壊されていた。

ネットで地図を見ると国道17号に「東国文化歴史街道」とある。しかし、道沿いの古い家々は取り壊されて拡幅されていく。文化も歴史と共に変わり、消え去って当たり前ということで、こんな名前が付いたのかと思う。

しかし、仕事で疲れた。こんなに疲れなくても良いと思うのだけれど、なかなか調子が出ない。こうやって歩くと随分と気楽にはなるのだが、なんだかスッキリ、シャキっとしない。

冬だからかな。暖かくなったら、もっと気楽にいけるかな。

|

« 今宵は「やまや」で | トップページ | 昨年春の京阪電車 »

前橋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/10209614

この記事へのトラックバック一覧です: 風呂川の向こうの方を:

« 今宵は「やまや」で | トップページ | 昨年春の京阪電車 »