« 昭和の敷島駅 | トップページ | 帰郷! »

2008年2月28日 (木)

Ωループのたぬき

P1110289_ 小島屋さんから、山の等高線に沿ってバス通りまで行く、細い道。

その途中には見事な「Ω」型のループがある。「オメガ・ループ」と呼んでいる。

しかし、今年の1月11日、そのすぐ先で写真の出来事があった。

ここは山添にずっと雑木林が続いていて、四季折々に姿を変え、美しい花が咲く時もあれば、木陰や雨宿りの場を提供する事もある。

冬になるとさすがに葉が落ち、さっぱりとした感じになるが、この日の朝、そこを歩くと一部分で草が刈られ、木が切られた。

P1050065_ こちらの写真は1月5日に撮ったもの。うっそうとした感じが良いが、木が切られると、コンクリートの土台と、いくつかの建物が現れた。

ずっと雑木が続いていると思いきや、立派な建物が建っていた。

南側に茂った雑木。「これは切りたくなるわ」とも思うのであった。

ずっと続いていた雑木だったが、そこだけきれいに刈られ、ちょっと寒々しい感じもあるが。

P1050062_ その手前は、木の葉が落ちると、畑が覗き、その向こうにも雑木林が見える。とても長閑なところなのである。

最近は小島屋さんの脇を抜け、古そうな小道で川沿いの道に出て駅まで行っていた。昔は大きな沼地でうなぎが取れたのだと思うが、小道の脇には、木で囲まれた用水の跡のようなものも残っている。

さて、本題だが、今朝は久しぶりにΩループを歩いた。あの木が刈られたところに行くと、犬に似た何かがこちらを見ている。

目の回りはクマが出来たように、黒くなり、毛はぼさぼさとしている。何もないところで、キョトンとして、こちらを見ている。

今朝は比較的暖かくなったので、タヌキもいつもの雑木林に来てみたのだろう。

ところが、そこには雑木はなく、ただ空地となった斜面があるのみ。

「はて?どうしたことだろう…。勘違いだろうか…。それとも道を間違えたのだろうか…。確かここには林があったはずだ。」

タヌキはまるで、キツネにつままれたかのような顔をして、呆然と私を見ていたのだった。

P1050090_ ちなみにここ、小島屋さんの脇から、Ωループへの道が始まっている。バス通りを横切り、武蔵野線の高架を迂回すると、そのすぐ先も、立派なΩループとなっている。

|

« 昭和の敷島駅 | トップページ | 帰郷! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/10821789

この記事へのトラックバック一覧です: Ωループのたぬき:

« 昭和の敷島駅 | トップページ | 帰郷! »