« 新町の岡崎醤油 | トップページ | 今宵は雪 »

2008年1月14日 (月)

石灰の町、葛生へ

P1140152_ 昨日、今日と夫婦で連休だったので、昨日は「今井醤油」へ。今日は、栃木県の葛生へ向かった。

上の写真は、葛生の某歴史ある鉱山付近。

P1140007_ 国道50号の途中から、「こっちの方にも造り酒屋がある」と左折する。しかし、場所が特定できないまま、桐生へと向かう。

桐生は織物の町で、ここも歴史あるところ。

「懐かしい景色を眺めよう」と旧国道50号に向かう途中、西桐生駅前のセブンイレブンを思い出した。

確か、GPさんが「線路がある」と言っていたからだ。行ってみると、ありました。家がなくなり、駐車場になっている所に、数mの線路が。位置関係がなぞだけれど、彼も言っていた通り、やっぱりこれは門扉のレールであろう。

P1140026_dl 旧国道50号、現在は県道を走り、足利へ。この道中は、古い家が目に付き、楽しいコースだ。

足利から田沼方面に。峠をトンネルで越えたところに、機関車がある。葛生の住友セメント専用線で働いていたものだ。ここはナローゲージという線路幅が2フィート6インチ(762mm)と国鉄と比べると約30cm狭い鉄道だった。

遠くから眺めて、その先の「赤見温泉」に。

ここには、赤見軽便鉄道という鉄道があり、両毛線の富田駅とを結んでいた。

P1140030_ 写真のところが停車場と言われていたところ。

鉄道は昭和2年に廃止となっているが、その後もこの辺りは「停車場」と呼ばれていたとのこと。

写真にはないが、ビートルの左手に石積みの上に建つ家があるが、その石積みがホームのようで、その南隣の家が、昔の駅舎の跡に建ったらしい。

ホームからブロック塀に沿って、線路跡が僅かに続いている。

写真の正面左上には赤い磯山弁天が見えるが、右には操業を止めた石灰工場があり、この山の右手は、石灰鉱山で、最近まで石灰を掘っていた。

旅客はこの写真の「出流原」が終点だが、ここからその石灰鉱山には、貨物線として延びていた。

P1140059_sl ここの「SLが走る和風レストラン公園荘」で昼食にする。

3年ほど前も夫婦で寄ったのだが、今回は「終点に座ろう」と入口に一番近いところに。

ここは味噌汁を積んで厨房を発車してくる列車の終点なのだ。ここで注文をすれば、料理を積んだ列車が走る距離が長いからだ。

P1140061_ 向こうの席の小さな女の子は、汽車が運んできたお子様ランチに大騒ぎ。

味噌汁列車が走れば、途中のテーブルの人たちも皆ケータイを構える。私もこんな感じ。

ちなみに厨房のところは、可動橋で、大きな信号が変わると上から降りてくる。そして機関車はSLとDLがあり、料理を積む都合だろう、交互に運転をされている。

P1140086_ ここには、湧き水があり弁天様が奉られている。

その湧き水を利用した養殖池やボート池など昔懐かしい風情を残している。

今は殆ど石灰工場は操業をしていないが、1年ほど前までは、トラックの基地が出来るとかで、公共事業の名のもと、山が削られ、その影響で水も随分と濁っていた。

その工事名目で山を削るのも終わったのであろう。今はとても綺麗な池に戻っている。これ以上は削らないだろう。もし、削り過ぎたら、湧水も途絶えてしまうかもしれない。

P1140155_69 出流原も葛生も同じ山で、どちらも昔から石灰を産出し、それで財を成したであろう立派な家が多い。

今でも掘っているところは、トラックが頻繁に行き来し、道路も周りの景色も真っ白く化粧(?)されているが、それがまた葛生の良い味なのである。

今は道路も整備され、やたらに山を削ることもなくなったが、それでも多くのダンプが行き来する。

歴史ある町で、散策するにはネタが尽きないが、そんなダンプの邪魔にならないように注意したい。葛生の町は、今でも石灰で成り立っているのだろうから。

|

« 新町の岡崎醤油 | トップページ | 今宵は雪 »

ワーゲン」カテゴリの記事

葛生」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

また覗かせてもらいました。山野井に上がる道ですね。

投稿: 世捨て人 | 2013年1月30日 (水) 21時02分

清水石灰のあるところを「山野井」と呼ぶのですか。

投稿: あつし | 2013年1月30日 (水) 22時10分

はい。清水石灰の奥に現在は不明ですが山野井石灰がありました。ワーゲンが置いてある付近がタンプ同士のすれ違い場所でした。

投稿: 世捨て人 | 2013年2月 1日 (金) 16時47分

まだあるのではないでしょうか、山野井石灰。
清水石灰から、駒形石灰の東武の積み替えホームまで線路があったらしいですね。
この山の中には、もう線路は残っていないのでしょうか。

投稿: あつし@小伝馬町 | 2013年2月 1日 (金) 17時49分

また覗かせてもらいました。少し違う場所ですが葛生駅から日鉄羽鶴鉱山まで砕石専門の貨物線路があり僕の子供の頃には機関車が走っていました。次回行くのでしたら葛生の隣の鍋山をお勧めします。葛生より狭い道をダンプが往来し鉱山が間近に見えます。そこから奥に5分ぐらい走らせると出流山があり蕎麦が絶品です。あれを食べると東京の老舗の蕎麦が・・・

投稿: 世捨て人 | 2013年2月 5日 (火) 06時02分

鍋山、いいところですね。結構行っています。蕎麦も何度か食べました。 (笑

投稿: あつし | 2013年2月 5日 (火) 07時49分

投稿: あつし | 2013年2月 5日 (火) 07時55分

もしかしたら葛生出身なんですか?

投稿: 世捨て人 | 2013年2月 6日 (水) 12時00分

ご無沙汰です。一年ぶりに覗かせてもらいました。最近葛生(佐野市)方面に行かれてますか?病気で寝たきりになってしまったので、画像を拝見出来れば幸いです。

投稿: 世捨て人 | 2014年2月19日 (水) 19時36分

ご無沙汰です。一年ぶりに覗かせてもらいました。最近葛生(佐野市)方面に行かれてますか?病気で寝たきりになってしまったので、画像を拝見出来れば幸いです。

投稿: 世捨て人 | 2014年2月19日 (水) 19時37分

申し訳ないです。
最近は、行っていないですね。
ああ、でも昨年は、ムラカシ石灰の先のほうまで行ったかも。
ん~、ブログにアップしたかな。
デハ、また。

投稿: あつし | 2014年2月19日 (水) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/9886410

この記事へのトラックバック一覧です: 石灰の町、葛生へ:

« 新町の岡崎醤油 | トップページ | 今宵は雪 »