« 今宵は雪 | トップページ | 昭和57年の喜多方にて »

2008年1月19日 (土)

大胡と粕川の酒蔵

P1190002_ 今週は仕事で疲れてしまった。とにかく、プログラムのデバッグばかりで、目が疲れて。

そんなわけで外に出て「目の保養」。

先ずは今や前橋市となった大胡へ。

  P1190019_ネットで見ると、いつもワーゲンで走っているところに酒蔵があった。

その近くの公共施設の駐車場にワーゲンを止めるが、目の前の米穀店からして、いい味を出している。

造り酒屋の周りを歩くが、歴史を感じさせる建物、懐かしい感じの光景が目に付く。

P1190037_ 酒蔵から道路を挟んだ南側が、昔の中心地のようだ。

前橋市街から真っ直ぐに大胡へ来る県道は、その中心を避けるようになっているが、そのまま真っ直ぐ抜けるのが、昔の街道のようだ。

「かどや」がある交差点は、正に町の中心といった風情だ。

カメラを持って、大胡駅付近まで歩き、帰りは現在の県道側を歩いて戻る。

もたもたと写真を撮ったりしていたので、1時間ぐらいは居ただろうか。今日の目的は、粕川と大間々の造り酒屋で、大間々で昼食をと考えていたが、大間々までは無理なようだ。

P1190117_69 粕川は「柳沢酒造」に行く。先週寄ってみたかったが、道が判らなかった。行ってみると、両側に古い立派な家がある、時代を感じさせるところだった。

「写真を撮らせて欲しい」と話をすると、社長さんだろうか、案内をしてくれた。

創業は明治10年。約130年続いているとの事だ。新潟から出てきた先祖が、酒造りに適した場所を探して、ここに辿り着いたらしい。

P1190143_ 「あまり古いものはないよ」と言われながら、説明を聞きながら着いて行きながら写真を撮る。

写真を撮っていると、「これは古いよ。明治だよ。向こうは新しいよ」と教えてくれた。

「でも、この明治、大正、昭和の雑多な感じがいいんですよ」と応えると、「ほう、そういうものか」となんとなく納得しているようだった。

P1190239_隣は八坂神社でそこからも写真を撮っているとここでも1時間ぐらい経ってしまった。

大間々は絶対無理。もう日も随分と傾いてしまった。次の場所を探して走っていると、黒い瓦屋根に囲まれた煙突が見えてきた。

ここが「伴内酒造店」だった。

暖簾が出ているが、正面のシャッターが下りている。土曜日は休みかと思ったが、脇から入り声を掛ける。

「もう、やめちゃったからね。写真は撮れないよ」とおばあさん。

すると「いいよ。撮っても」とおじいさんが顔を出した。

P1190320_69「古いから、いつ壊れるか判らない」とのことで、建物には入らない約束で写真を撮らせてもらった。

とても寒かったが、武者震いというのだろうか、カメラを持つ手はもちろん、ひざも震えるほど、素晴らしい建物だった。

ほかの写真は、後日ホームページにアップしていく予定です。

|

« 今宵は雪 | トップページ | 昭和57年の喜多方にて »

ワーゲン」カテゴリの記事

前橋」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/9968554

この記事へのトラックバック一覧です: 大胡と粕川の酒蔵:

« 今宵は雪 | トップページ | 昭和57年の喜多方にて »