« 前橋駅前から | トップページ | 今宵は「やまや」で »

2008年1月27日 (日)

前橋駅から別ルートで

P1270153_top 実は昨日、「煙突」を見つけて、そこを目的地にして、うろうろと歩いていたのだが、途中でデジカメの電池が無くなってしまった。

そんなわけで、本日も前橋駅から、ちょっとルートを変えながら煙突まで歩いてきた。

P1270047_ 駅から駅前通りの2本東の道を北上する。左手には、上毛倉庫のレンガ倉庫が垣間見れるが、住宅地内に残る土蔵と重なった。

蔵の屋根が幾重にも重なり、往時を偲ばせる光景を作り出してくれた。

P1270097_ 駅前通りの国道50号の手前辺りは、バナナの問屋などの倉庫があったと思うが、それらの殆どは空き地か新しい建物が建っていた。

ただ50号沿いは、昔の商店などの建物が残っている。50号の裏の通りを東に歩いて行き、ふと「友達の家は?」とそこまで行ってみた。

1件ほど古い住宅があったが、家は新しくなり、昔の面影はないと思っていたら、懐かしい建物が目に入った。

木造の小さな町工場だった。部品を入れるプラスチックの箱などもいくつか積まれていたので、比較的最近までやっていたのかもしれない。

立派なものは取り壊すのも大変だし、残っているものも多いと思うが、このような工場は残らない。昭和の戦後を伝えるためには、こんな木造の小さな建物こそ保護、保存する必要があるのでは・・・となんとなく感じる。

P1270147_ 国道50号を渡ると道は小さな馬場川に向かって下り坂になる。ここから広瀬川の辺りまでは、旧利根川とかで、一段低いところに家が密集している。下ったところの石屋を見たりしながら、昨日の煙突へ向かう。

この道も賑やかだったのだろう。両脇には店が並ぶが、今は殆どが店を閉めゴーストタウンの様になってしまっている。

そんな中に煙突は立っている。

P1270168_ 古い立派な店構え。敷地を覗くと、大きなレンガ倉庫と水タンクが残っていた。

昨晩ネットで調べたところ、「旧大竹酒造」とわかった。現在は、前橋市が所有、管理しているらしい。

ここの先、中川小に近いところには、私の親父が働いたこともあるパン工場もあったというから、やはり賑やかな通りだったのだろう。

P1270177_ 酒造の脇の狭い路地を抜けて裏に出る。路地から時折垣間見れる工場がなんとも良い雰囲気だ。

表からは母屋で良く見えないが、立派である。殺風景な敷地だが、水タンクが良いアクセントとなっている。

私の従兄がいたアパートは、どうも、この通りと広瀬川に挟まれたところで、ちょうどこの工場の真北の路地を入ったところのようだ。

鬼瓦のようなものを看板に下げている家があるのだが、この看板が妙に気になった。良く見たような・・・ここの親父さんと、私の父親が良く話をしていたような。

・・・小学校1年ぐらいまでのことなので、記憶があいまいなのだが。この家の脇の路地を入ったところがアパートだったような。

P1270294_ 今もアパートらしいものも見えるが、その後に建てられたもののようで、もうあの時のアパートの光景では無くなっていた。

広瀬川沿いで、上毛電鉄の写真などを撮りつつ、中心街に向かう。

その途中に、もう一本の煙突を見つけた。こっちは銭湯のようだ。

こちらも、今はやっていない感じもするが、低い家々が並ぶ一角に、良い味を出していた。

P1270333_ 帰りは中央通り商店街まで歩く。日曜日というのに買い物客は殆どいないのに気が付く。私が子供の頃は、一番洒落たお菓子屋さんだった「フランスパン」もシャッターを閉めたままだ。

その向かいの「モモヤ」でちょっと遅い昼食とした。瓶ビールとスパゲティ・ミートソース。この店も、中央通りで「一番ナウイ」レストランと思っていたけれど、今は「昔懐かしい」という形容になった。

社会人になってから、自宅は前橋でありながら、殆ど仕事は東京。それだけに、定期的に前橋を歩いて行こうと思っている。

|

« 前橋駅前から | トップページ | 今宵は「やまや」で »

前橋」カテゴリの記事

酒蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/515771/10104109

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋駅から別ルートで:

« 前橋駅前から | トップページ | 今宵は「やまや」で »